お悩み相談室

第517回 家族のピンチを乗り切るには?

公開
相談者 (30代 女性)
お相手 (40代 男性)

真面目に仕事をしてきた旦那さんが、精神的病で休職中です…。

2カ月程で少し良くなりましたが、梅雨時期もあってか、また調子がよく有りません。 仕事に対するモチベーションも今はないまま…いつ復帰出来るのか、不安の日々です。

最近では、子供(チーター)にも影響が出始め…子供が落ち込むと一緒に落ち込む事も…。

家族がこんな状況だと自分がどうにか上げて行こう(落ち込まないように)と頑張っていますが… 家族皆が良くなるよう祈りつつも、いつまでこの状況が続くのか不安です。
この先、改善していくのでしょうか…。よろしくお願いします。

チーコさんの回答

あなたは旦那さまの心と体を心配し、ご自分だけはどうにか上げて行こうと尽力されていますね。妻として、そして母としての役割からも逃げず、今できることに打ち込んでいます。これは、人一倍責任感が強く、「努力と根性」で困難を切り開いていくシルバーのゾウだからこそできることです。さらに、人の心を察する能力にも長けていますから、旦那さまやお子さまの気持ちが手に取るようにわかるのでしょう。旦那さまとお子さまと自分を同化させて、寄り添うことができるやさしい人。それがあなたなのです。でも、相談室は知っています。ゾウの内面は意外なほどもろいということを。だからどうぞ、気持ちを抑えず爆発させてくださいね。あなたは冷静なシルバーのゾウですが、ここでは、落ち込んでいいし、怒っていいし、泣いていいし、叫んでいいのです。相談室が受け止めますから、どんどん思いの丈をぶつけてくださいね。そうしてスッキリすれば、さまざまなことを前向きに考えられるようになるでしょう。
旦那さまはオレンジのひつじで、自分より周囲のために行動することができる人です。それだけに鬱憤がたまりやすく、鬱憤が最大値まで蓄積してしまうと、内へ内へと閉じこもってしまうようです。日ごろはグチをこぼして鬱憤を晴らしていますが、今回はグチをこぼせないところまで追いつめられてしまったのでしょう。また、もともとの性格も熱しやすく冷めやすいところがあるので、仕事へのモチベーションも定まらないのかもしれません。誰よりも復帰を願っているのは旦那さまご本人ですから、あなたは先を急がないで、ゾウらしくゆったりと過ごすようにしてください。「家族揃って暮らせれば、それで十分幸せだ」くらいに考えて、長いスパンで改善を目指しましょうね。
オレンジのひつじは、9月から11月までいい流れに突入します。9月は日常に変化を加えるべき時期なので、もし旦那さまの心身が許すのなら、家族旅行やちょっとした外出などで、刺激を与えるといいかもしれません。10月は頭がさえて、学びへの意欲がわいてきます。旦那さまが好きな作家の本をプレゼントする、みんなで時事ニュースについて自由におしゃべりするといったことが旦那さまのやる気を引き出すでしょう。11月は問題が露呈するときですが、オレンジのひつじにとってはそれが裏目に出ません。シンプルかつ基本通りに行えば、生活や心が安定し、新しい展開へと向かいそうです。ただ、12月は一時的に気分が沈みやすい時期に当たるため、いつも以上に配慮してあげてくださいね。でも、気分が沈むのは体が休みを欲しているためです。のんびり休むことを優先すれば、次第に元気が戻ってくるでしょう。
ちなみに、チータのお子さんはプラス思考の持ち主で、落ちこんでもあっという間に回復するのが特徴です。過度に心配せず、笑顔で「その考え方カッコいい!」「あなたがいるとパパもママも楽しい」などの言葉をかけてあげれば、家族を明るく照らす太陽のような存在になってくれるでしょう。