お悩み相談室

第566回 友だちを傷つける娘にイライラ。そんな毎日がつらいのです

公開
相談者 (30代 女性)
お相手 (00代 女性)

チーコさんに相談したいのは娘の事です。とにかく言葉的にも身体的にもいつもお友だちを傷つけてしまうのです。

私はいつも感情的になってしまい娘に対してイライラがおさまりません。叱ってばかりの毎日がつらいです。

どうかアドバイスお願いいたします。

チーコさんの回答

あなたはシルバーのライオン、娘さんはイエローのこじかです。おふたりの相性はよく、じっくりと絆を深めていける関係です。運気から「形になる」という言葉が与えられているため、あなたたちだけの幸せの形を作ることができるでしょう。この形は一夜にしてできるものではありません。美しく幻想的な鍾乳洞を思い浮かべてみてくださいね。幾年月をかけて地下水や雨が地表の形を変え、人々を魅了するつらら石やリムストーンとなっていきます。おふたりも思い出や信頼で、親子という鍾乳洞を作っている最中なのです。今は親子の歴史が始まって日が浅いので、間違えることもあれば、ぶつかることもあります。イライラしたり、叱ってしまう日もあるでしょう。でもそれは乗り越えていける試練です。気をラクにして、娘さんを育てていきましょうね。
パワーバランスはあなたのほうが強いようです。4つの星で占いますと、ライオンは太陽グループ、こじかは新月グループに属しています。太陽と重なることによって暗くなる新月は、太陽からの影響をダイレクトに受けて、柔軟かつ控えめに接します。太陽グループの人を気づかったり、支えたりしてくれることが多いでしょう。太陽グループの人も、新月グループの人を明るくリードして、長所を引き出すことができます。ただし、このことが太陽グループの人のパワーをさらに強めてしまう場合があるのです。あなたはキャラも女王さま気質のライオンですから、親子であっても上下関係を貫こうとするようです。「親は子どもをしつけるべき」という気持ちが高まっているために、娘さんに対していら立ちを覚えやすくなっているのかもしれません。娘さんはそのいら立ちを感じ取り、自分は愛されていないと思っているのでしょう。「好かれたい願望」を持つこじかにとって、お母さまの愛情を感じられない状況は、ちょっぴり切ないのです。満たされない気持ちを抱えきれず、お友だちを傷つけることで、心のバランスを保とうとしているのかもしれません。そして、正義感旺盛で立派にふるまうあなたは「愛するわが子が、お友だちを傷つけるなんて。これは私がなんとかしなくちゃ!」と思い、どうしても叱ってしまうのでしょう。おふたりは、どちらも悪くないのです。母は娘を心配し、娘は母を慕うほほ笑ましい親子で、ただボタンを掛け違えているだけなのです。この現状はきっと脱却できますから、どうか心を痛めないでくださいね。
こじかにはとにかく「あなたが大切だ」というメッセージを届け続けると◎です。毎日「おはよう」と言いながら、むぎゅ〜っと抱きしめましょう。たこ焼きパーティー・餃子パーティーなどを計画しても楽しいかもしれません。一緒にお料理をしながら、どれほど大切に育ててきたか話せば、娘さんに親の愛がひしひしと伝わりそうです。ユーモアセンスにすぐれるライオンのあなたは、ギャグやダジャレも好きなほうではありませんか? 冗談でも言えば無邪気なこじかが大喜びで笑って、親子の空気がよくなりそうです。娘さんはあなたに愛されていると確信し、満たされない気持ちのやり場がお友だちに向かわなくなるでしょう。万が一、お友だちを傷つけてしまっても、感情で叱るより冷静に説明してみてくださいね。傷つければ傷つけられるかもしれないこと、やさしくすればやさしさが返ってくることなどを、ライオンらしく、おおらかに教えましょう。娘さんは成長するにつれて、こじか本来の謙虚さや奉仕精神が出てくるはずです。お友だちとのコミュニケーションは良好に運び、あなたとも一段と息が合うようになるでしょう。