チーコさんの動物占いルポ

相談者のデータ 2018年11月22日

猿
  • シルバーのたぬき
  • 男性
  • 40歳
  • 物事を熟考した上で進めていくが、それは他人の評価が気になるため。
悩める人々を救いたい一心で行っている占いカウンセリング。最近、どんなことで悩むのか、キャラクターごとにいくつかの傾向があることに気づいた。先日私のカウンセリングルームを訪れたのは、たぬき×シルバー・男性・40歳。物事を熟考した上で進めていくが、それは他人の評価が気になるためだ。彼も例外に漏れず……
某スーパーで総菜を担当している彼は有能で主任に抜擢された。性格はおっとりしており、周囲から憎まれることがない。総菜の量が少ないとケチをつけてきた買い物客が「責任者を出せ!」と怒鳴り出したら、従業員は内心「しめた!」と思うらしい。なぜなら彼が「お客さま、ようこそお越しくださいました。私が責任者でございます」と丁重に頭を下げると、クレーマーの99%がほっこりして身を引く。残りの1%も「この度は失礼がありまして申し訳ございません」と言った時点で、「いやいや、こっちが誤解していました」とあっさり許してしまうのだ。まわりに愛されている彼も、実は悩みを抱えている。
今度、新メニューの提案会議があるんです。みんなでアイデアを出し合って、実際に売り出すメニューを多数決で選ぶんです。今回はなんと言いますか、主任として負けられないと言いますか。過去には『ニンニク抜きの息さわやかギョーザ』、これね、今でも当店の人気ナンバーワンメニューなんです。ボクが考えたんですよ!あと『レバー嫌いもこれならOK。レバー入りハンバーグ』と『健康と美を促進する春雨パスタ』。どっちもボクが考案者です
シルバーのたぬきは手柄を立てても、それをひけらかすようなことがない。自分が考案者だと話しても、まったく自慢話に聞こえないのは彼に人徳があるからだ。
どれもおいしそうですね!目標に向かってコツコツ努力できるのがシルバーのたぬきの魅力です。とてもご活躍のように思えますが
今回は自信ないと言いますか。パートの皆さんもね、面白いメニューを考えるんですよ。主婦の方が本気になったら、ボクなんて太刀打ちできないと言いますか
根拠のない自信を持っているたぬきキャラが、これほど気弱になるのはめずらしい現象だ。それは彼に与えられた主任という肩書のせいだろう。出世には無頓着なのに、人柄と仕事ぶりの優秀さから主任になってしまった。このことが見えないくさりとなって、自由な発想を妨げているのだ。
あなたは周囲の評価を気にしてしまう性格です。今は『相手からどう評価されるか』ではなくて、『自分が納得できるかどうか』を優先してみてください。あなた自身がお客さまに喜んでもらえると確信できたメニューなら、実際に売り出されなくても後悔はないはずです
一番大事なことを思い出しました。ありがとう
彼はホトケさまみたいにほほ笑んで、繰り返し頭を下げた。
その後、くさりから解き放たれた彼のメニューはめでたく採用となった。今日もあちこちの食卓で「おいしさと愛を分け合おう。直径45センチピザ」が並んでいることだろう。