リンチ米司法長官、悲願のFIFA摘発

2015年06月01日(月)

パープルの猿米司法長官ロレッタ・リンチさんは、米南東部ノースカロライナ州で司書の母と牧師の父の間に生まれ、アメリカ上院議会で初のアフリカ系アメリカ人女性の司法長官に就任しました。「私利私欲を満たすためのサッカー界の悪しき慣行が何年も続いてきた。」と、検事時代からの悲願であったFIFA幹部の起訴に動き、今回就任1ヵ月で大きな成果を上げた形です。このようなリンチさんの人物像を占ってみました。

動物キャラはパープルの猿キャラです。物事をコツコツと順序立てて進めて行き、誠実で真面目で几帳面な人です。人生観はオーソドックスな正統派です。根が純粋で素直ですので、後ろ指さされることなく、真面目に正しく生きたいと思っています。好奇心、向上心が強く、日々努力して成長して行ってこそ人間だと考え、その頑張りで独自の力で伸びて行く人です。現実的な駆け引きは苦手で、額に汗して地道に働くことが一番だと確信しています。地に足のついた姿勢は、周りの人達からの信望も厚く、頼りにされています。縁の下の力持ち的役割を嫌とは思わず、自分に自信のない事は安請け合いしない堅実さで、組織の中の仕事を進めていく上で、信頼され高い評価を受けます。保守的なところがあり、精神面を大切にして行きたいと思っている人です。

関連ページ(同じ動物キャラやアニマルカラー)

コメント

この記事にコメントする

内容に問題なければ、下記のボタンを押してください。

Top