稲田朋美防衛大臣国会で集中砲火を浴びるが

2016年10月09日(日)

パープルの子守熊(コアラ)稲田朋美防衛大臣の動物キャラは、「感性の」パープルの子守熊です。
 
今国会において、新任の防衛大臣の稲田朋美氏は、様々な質問で集中砲火を浴びている状態です。民主党の安住淳代表からも、「自分が愚かだったことに気づいたのであれば、これからも勉強して頑張ればいい。」などと、激励まで受ける場面も。毅然とした応答はするが、涙することもありと、このような稲田朋美防衛大臣の、人物とはどのような人物でしょうか、人物像を占ってみました。

デリケートで、優れた直観力を持つ、感性の子守熊キャラです。
物事を長期展望に立って考えることが好きなロマンティストです。
人の気持ちを敏感に読み取り、自分がどう動けばいいかを計算してから行動します。
弁舌さわやかで、言いにくいこともはっきり言い、毒舌家と言われることも。

稲田朋美氏は、型にはめられたり、束縛されることが嫌いです。面倒なことが嫌いで、自由奔放に生きたいので、人間関係で苦労することがあります。思う存分開花するには、その型破りな個性を発揮できるような環境を選ぶことです。

芸術家タイプで気難しいところもありますが、クリエイティブな才能があるので、何かを通して自分を表現する仕事に向いているでしょう。また、優しく、面倒見のいい性格なので、困っている人を見ると放ってはおけません。

ただ、自分がしてあげたことに対する見返りを要求する気持ちがどこかにあるようです。自分自身が非常に聡明なので、つい相手の欠点が目についてしまい、ひと言多くなります。子守熊キャラの穏やかな気質で、少しは和らいでいますが、その指摘がなかなか鋭いだけに、敬遠されてしまうこともあるでしょう。

身体は強いほうではありませんので、疲労回復を最優先にした方がいいでしょう。物質運があり、金運にも恵まれていますが、浪費も激しいようです。

稲田朋美防衛大臣の2016年の運勢  ☆☆☆☆☆
気分がしっとりと落ち着き、安定した日々を送れそうです。
物事を客観視できるようになり、思い付きで行動することは少なくなります。
何をするにしても、慎重かつ堅実に取り組めそうです。

関連ページ(同じ動物キャラやアニマルカラー)

コメント

この記事にコメントする

内容に問題なければ、下記のボタンを押してください。

Top