俳優鶴見辰吾公私ともに走り続ける51歳

2016年11月22日(火)
ブルーの虎鶴見辰吾さんの動物キャラは、「闘志の」ブルーの虎キャラです。
 
50代を迎えて、名優としての地位を盤石なものとしている、俳優の鶴見辰吾さんは、ロードバイクや、マラソンとに、好タイムをたたき出すアクティブな活動をしています。多彩な演技でどんな役もこなすことで、”怪優”と名高い鶴見さんですが、「金八先生」に出演し破天荒な役柄で、これが役者としての最初の転機だったようです。マラソンの練習法を出版したりと、マルチ派の鶴見辰吾さんの、人物像を占ってみました。
 
人情に厚く、周りには穏やかな面を見せていますが、内面は他人からの干渉を嫌う負けず嫌いな顔と、自信を隠し持っている闘志の虎キャラです。
協調性があり、人づき合いもいいので、どの世界でもリーダーになれる器です。
バランス感覚に優れ、難しい交渉事もこなしてしまう才能があります。
 
鶴見辰吾さんは、内にものすごいパワーを秘めている人です。他人には見せない確固たる自信で、それをバネにして失敗も恐れず挑戦していきます。チームワークで組んで動くより、むしろ一人で物事を進めて行く方が好きなタイプです。
 
サラリーマンよりも、独立自営かフリーランスが向いているようです。小さい頃から甘やかされて育っていると、我儘になってしまうことがありますので、若いときは苦労を買ってでもすることです。若い俳優時代の苦労が、今実ってきているのでしょうか。
 
重荷なことがあったり、困難な状況に立たされるほど、持ち前の能力は形成されていきます。自分の利益にならないことには、本気で取り組まないという、少々打算的な面があるようです。しかし、このクールな面が、大成する源となっていくことでしょう。
 
広い視野と、現実的な判断が出来ることで、確実に成功をつかみ取って行くでしょう。小さな成功では満足せず、その自信をもってさらに高みへと進んでいくはずです。
 
鶴見辰吾さんの2017年の運勢  ☆☆
高く羽ばたくというより、足元が固まる一年になりそうです。
あなたが攻めていくタイプであっても、今年に限っては「守りに入りたい」と思うようになるでしょう。  

関連ページ(同じ動物キャラやアニマルカラー)

コメント

この記事にコメントする

内容に問題なければ、下記のボタンを押してください。

Top